CONCEPT コンセプト

海と公園の眺望を活かした住棟計画 横浜の空と大地を窓辺の風景に

建物概念図

赤レンガ倉庫など新しい夜景の名所も加わり、日本でも有数の眺めの美しさで知られる「みなとみらい」。
そこに海と公園を望むツインタワーがそびえています。

朝の光を浴びて寄航する船や、ペイブリッジやコスモクロック21などの夜景、キャンドルのように並ぶ街明かりが、一日を表情豊かに染めあげます。

「Brillia Grande みなとみらい」では、この街の中心にそびえるタワーマンションとしての特性を最大限に活かすために、オーシャンサイドとパークサイドのそれぞれに爽快な風景を眺めるプランが追及されています。 美しい海辺のきらめき、臨港パークや高島中央公園の緑地、さらには横浜市街の夜景といった、横浜の美しい眺めのすべてを、贅沢なロケーションから満喫できます。

また、配棟計画においては、光と眺めを確保するよう、地上30階建ての2棟の建物をそのまま並べるのではなく、45°傾けたレイアウトとなっています。

この変化に富んだ住棟配置は、ランドマークとしての美しさを際立たせるだけでなく、超高層でありながらも互いのボリュームで眺望や日照を遮ったり、住戸間で見合うこともないよう配慮された機能的な建築スタイルです。 各棟の眺望は、海・臨港パーク向きと、隣地の高島中央公園・横浜中心部向きの割合が、ほぼ半数ずつとなっております。

加えて、建物の外観デザインにおいても、独自の洗練された世界観を追及しています。
地上30階建てのファサードをシンボリックに演出するのは、白を基調にしたシンプルで爽快な外壁と、シルバーグレーのフレームデザイン、空の青さを映すガラスのバルコニーが織りなす透明感あふれるフォルム。 周囲に広がる海や空の青さ、緑の風景をさわやかに受け止める、伸びやかな佇まいです。

また全体的なプロポーションとしては、フラットな壁面と装飾を排したデザインにより、スタイリッシュな表情に仕上げられています。いつの時代も輝きを失わない、普遍的な洗練が追及されています。

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。